製品&サービス

パッケージ商品 | DataSpider Calcアダプタ | 定義済み範囲から読み取り

Calcファイルに定義された範囲を読み出してデータ抽出、DataSpiderに読み込みます。
読み込んだデータは、様々なデータソースに活用できます。

必須項目(ファイル、範囲名、列一覧、列一覧の更新)

  • 必須項目のファイルは、Calcドキュメント形式のファイルパスを入力します。
  • 必須項目の範囲名は、ファイルで指定したCalcファイルの定義済み範囲を選択、または入力します。
  • 必須項目の列一覧は、列(列名、型)を指定します。
  • 必須項目の列一覧の更新は、ファイルで指定したファイルの1行目の値から列名と型を取得して、列一覧に設定します。
▼必須項目設定画面▼ dataspider_area_necessary_big ※ 画像をクリックすると大きな画像が見られます

読み取り設定

  • 読み取り設定は、指定したファイルの1行目をデータとして扱うかどうか、セルの数式を読み取るかどうかを選択します。
▼読み取り設定画面▼ dataspider_area_create_big ※ 画像をクリックすると大きな画像が見られます

データ処理方式

  • データ処理方式は、大容量データ処理を行うかどうかを選択します。
▼データ処理方式選択画面▼ dataspider_area_data_big ※ 画像をクリックすると大きな画像が見られます

コメント

  • コメントは、アダプタの簡単な説明を記述することができます。
▼コメント設定画面▼ dataspider_area_comment_big ※ 画像をクリックすると大きな画像が見られます
引用した製品はそれぞれの会社の商標または登録商標です。