採用情報

FAQ(多く寄せられる質問)

業務に関する質問 福利・給与・採用・業界に関する質問 その他質問

業務に関する質問

女性の産前産後休暇と育児休暇はあるのでしょうか?

あります。女性が取りづらくないような環境作りをしています。また、法律に合わせて規約の見直しもしばしば行っています。

コンピュータに向かって仕事をする以外に特別なことをしますか?

実際はキーボードに向かっている時間よりも、お客様との打ち合わせやプロジェクトメンバー間でのディスカッションをする時間の方が多くなります。なによりSEの本質は新しいものの創造にあります。

どのような過程を経て一つのプロジェクトが完成するのですか?

仕事のご依頼→お客様と打ち合わせ→システム企画(提案書の作成) →システム分析(ソフト・ハードウェア計画書)→システム設計(設計書作成)→システム開発の流れで行われます。 また開発、運用後もシステムのサポートを行っています。

TCF独自の商品はありますか?

オーダーメイドがメインですが、自社製品では DataSurfing(BIツール)が好評です。
昨年よりGoogle Appsを利用した製品の開発・販売も行っています。

システムのコンサルティングとはどんな仕事なのですか?

ITを通じてお客様の問題についての解決策を提案するお仕事です。TCFでは問題の提示に止まらず、実際にその問題を解決していきます。

仕事上でミスをしてしまった場合どうされていますか?

ミスをしたことを咎めるよりも、再発を防止することを重要視しています。

お客様の為にシステムを作る上で重視するポイントは?

テクニカルな技術も必要ですがそれに走らず、目的はあくまでもお客様の為に良いシステムを作ることです。
お客様やお客様の業界の現状を分析し、将来の予測をすること、そして問題点の正確な把握が重要です。

仕事はどのように取ってくるのでしょうか?

TCFではリピートオーダーが一番多く、同じ会社から継続的に違うシステム開発を依頼されています。
またアシスト社と提携しており、アシスト社開発のソフトウェアを導入したお客様のサポートやシステム作りを行っています。
営業活動による新規のお客様もいます。

新人研修後希望のプロジェクトにつけるのでしょうか?

本人がプロジェクトを選択することは出来ませんが、普段から社員と上司との間でコミュニケーションをとることにより、なるべく希望に沿うようなプロジェクトにしています。

TCFの得意分野、およびセールスポイントは何ですか?

得意分野は技術的には、Webに関するJava等の技術です。また旅行業や検索情報システムも得意としています。それ以外にも将来有望な分野があれば、いち早く取り組んでいきたいと考えています。
セールスポイントは、大きな会社では出来ないようなお客様の立場に立った親身な対応、そして付加価値の高いシステム作りです。

福利・給与・採用・業界に関する質問

住宅手当はありますか?

住宅手当や家族手当など、業績に関係なく出る給与に関しては廃止して、その代わり業績重視の給与体系に変更しました。

IT業界は残業が多いと聞きますが?

確かに残業が多い業界ではありますが、当社は同業他社と比べ少ないです。どんなに遅くても原則として21時までに終業となります。

昇給は年1回ですが、業績で給与が減ることはあるのですか?

当社は業績を重視した給与体系をとっているので、前年に比べ業績が上がらない場合は給与が減ることもあります。

休日休暇の仕組みを詳しく教えてください。
(有給日数、希望日で休めるか、会社カレンダーとは?)

原則は祝祭日も含め週休2日で、祝祭日のある週は土曜日を出勤日としています。しかし、土曜日を休日にすると連休になるような場合を考慮して、会社カレンダーを作成しています。

例えば金曜日が祝日だった場合、金曜・日曜の2日間が休みになりますから、その週は土曜出勤となってしまいます。これを避けるために、あえてその週は金・土・日の3連休とし、次の週に土曜出勤日をもってくるという形をとっています。

有給は1年目から10日間与えられ、取れる日数が毎年増えていきます。忙しい時期に有給申請をする社員はいないので、希望日をずらしてもらうことはほとんどありません。

文系も採用していただけるのでしょうか?

メインの業務は企業の業務アプリケーションの開発ですし、プログラミング的な面でも専門的な数式等を使うわけではないので、文系・理系関係なく採用しております。
何よりお客様の意見を聞き、考えることが一番大事なのです。

どの業界からの仕事が多いですか?また、得意とする業界は何ですか?

5年前くらいは商社・石油元売や旅行業界が多かったのですが、最近は様々な業界の企業と仕事をしています。

この業界で働く人にはどのようなことが一番大切ですか?

コンピュータのテクニカルスキルばかりに走らず、それ以外にどれだけ一般的な知識を身に付けられるかが大切なのです。

その他質問

コンピュータ関連の仕事は勤務年数が短いと聞きますが本当でしょうか?(35歳定年の噂)

プログラマにおいてはそうかもしれませんが、SEにおいて35歳はようやく一人前かその一歩手前です。長い経験がなければ、ITを通じてのコンサルティングはできません。

コミュニケーション技術は学ぶことによって身につきますか?

まず第一に人とのコミュニケーションを好きになることです。次にそれを伸ばそうと意識すること。
そうすれば、コミュニケーションの上手い人と下手な人が見えてくるようになるので、上手い人を手本に、下手な人を反面教師にして学んでいきましょう。
また、専門書を読むことも一つの手段です。

SEをやっていて難しいと感じるのはどんな時ですか?

システムを作るということに限定すると、お客様の望むことを何でも請け負ってしまうとコストが多くかかってしまいます、そこで本当に必要なものを見極めることが難しいです。

入社後、特に必要とされる知識はありますか?

分野を限定しない、浅く幅広い知識が必要となります。
その中で、ITスキル、語学、そして自分にとって必要な特定分野の深い知識が必要です。

仕事をする上で一番大切なことは何ですか?

不満を溜めないことです。
常に自分のしたいことをお客様や上司にアピールし、自分の中で納得した上で仕事をすることです。

どうしても負けたくない、対抗意識を持っている会社はありますか?

他社に対抗意識を持つのではなく、TCFという会社がどうありたいか、その中で自分自身どうありたいかを意識しています。

お客様の為にシステムを作る上で重視するポイントは?

テクニカルな技術も必要ですがそれに走らず、目的はあくまでもお客様の為に良いシステムを作ることです。
お客様やお客様の業界の現状を分析し、将来の予測をすること、そして問題点の正確な把握が重要です。

少人数の会社と思われますが、メリット、デメリットがありましたら教えてください。

メリットは、基本的に全社員がひとつのフロアで働いているので、プロジェクトの状況や社員一人一人のことが一目でわかります。
デメリットは大企業からの大きなプロジェクトの受注が取りにくいことです。

TCFが創業以来、伸び続けている一番の理由を教えてください。

社員全員がお客様の為に良いシステムを作ろうと、常に心がけているからだと思います。

会社の人同士でプライベートな交流はありますか?

有志で集まったメンバーでサークル活動等を行い、社員同士の交流が行われています。

TCFを一言で表すと何ですか?

“Heart Warming Partner”