製品&サービス

パッケージ商品 | DataSurfing | 権限設定

DataSurfingを利用するには

  • システムの利用には、ユーザ登録後、権限の設定が必要になります。
  • 権限を保持しないユーザはシステムを利用できません。
ds_kengen0

機能権限

  • DataSurfingの各機能に対して、利用する・しないの制御が可能です。
  • 各機能の利用制御は権限として定義し、ユーザ毎に設定します。
  • 汎用検索使用
  • 定型帳票使用
  • リクエスト作成(共通・個人別に制御)
  • リクエスト編集
  • リクエスト配布
  • JOIN定義作成
  • Excelファイル出力
  • PDFファイル出力
  • CSVファイルダウンロード
  • HOLDファイル作成
  • 予約実行連携(オプションとなります)

参照権限

  • 検索対象のテーブルに対して、検索可能・不可の参照制御が可能です。各機能の利用制御は権限として定義し、ユーザ毎に設定します。

ユーザと権限の関係

  • 機能権限と参照権限を、ひとつの権限として設定することができます。(どちらかを設定することも可能
  • 権限はユーザに紐付けします。ユーザは保持する権限によって、DataSurfingのどの機能を利用できるか、どのテーブルを参照できるかを決定します。
  • 権限は複数紐付けることが可能です。複数保持した場合は、最大公約数的に利用・参照することができます。(機能権限:利用可能を優先、参照権限:参照可能を優先)
ds_kengen_a

レコード参照制御

  • 参照可能なテーブル内のデータに対して、条件を設定して参照制御が可能です。条件はシステム側制御となり、リクエストの抽出条件としては表示されません。
  • 条件の値は変数にしておくことが可能で、ユーザごとに異なる値を展開することが可能です。

「全国売上情報」テーブルに対して、役職により参照制御する ds_kengen2

「アイ・エム・エス・ジャパン株式会社の「データサーフィン/DataSurfin」とは関係ありません。」
引用した製品はそれぞれの会社の商標または登録商標です。